一眼レフ&RAWデータによる商品物撮りテクニック。絞り(アイリス)、シャッタースピード、P/S/A/Mの撮影モードのコツ。

おすすめ記事ピックアップ


一眼レフ&RAWデータによる物撮りテクニックを紹介します。これを読めば物撮り初心者も高品質な商品画像を撮影できます。ライティング関連は紹介しません。カメラ部分だけ説明します。

まずは知識から紹介です。

RAWデータって本当にすごいの?

デジタル一眼レフカメラの画像保存形式には、JPEGのほかにRAWがあります。皆さんもご存じでしょう。JPEGは圧縮された画像保存形式、RAWは無圧縮の画像保存形式、そんな認識ですよね。

RAWデータなんて、JPEGと変わらない画質だと思っていました。実は、画質が大きく変わることに気が付きました。結構変わるんですよ。

JPEGの8bitに比べて、RAWは12bitの情報量を持ちます。4bit増えただけでも、情報量は16倍になります。RAW画像は、センサーに入ってきた膨大な情報を、そのまま記録します。白飛び、黒つぶれが少なく画像を撮れます。

膨大な情報があることで、RAWデータは撮影後にISO、ホワイトバランス、カラーバランス、ガンマカーブなど自由に調整できます。これも大量の情報量があるからこそできる技です。

JPEGは、カメラ側で自動的に画像を圧縮します。見た目に影響がなさそうな情報をざっくりカットします。JPEGでもRAWデータのように撮影後に後処理ができますが、情報量が少なくが画質が劣化してしまいます。


絞り(アイリス)を絞って、全体のピントを合わせる!

絞りはアイリスといったり、F値とか、F Stopとか言います。絞りを開くとか絞るとかいいます。F値が分かりやすいので、F値で紹介します。

F値は、1/2/4/8/16/32と倍々になります。同時に1.4/2.8/5.6/11/22と、1.4の倍々の数字が一緒になっています。これらの数字が交互に、1 / 1.4 / 2 / 2.8 / 4 / 4.6 / 8 / 11 / 16 / 22 / 32 という感じで、数値が並びます。

「1→1.4」、「1.4→2」が1つの単位で、1Stopといいます。1Stopごとに、明るさは半減します。

「1←明るい・・・・4/8/16/・・・・暗い→32 」

という感じです。F22などにすれば、カメラのセンサーに入る、光は少なくなり制限されます。

ここが需要!カメラのセンサーに入る光りが少なければ、シャッターを長い時間、開くことができます。シャッターを長く開ければ、幅広くピントが合います。

物撮りをするなら、F16とかF22で、撮影するのが良いでしょう!しかしシャッタースピードが速すぎると、画面が暗くなります。適度なシャッタースピードにする必要があるのです。

シャッタースピードって何?

1/2000 - 1/1000 - 1/500 - 1/250 - 1/125 - 1/60 - 1/30 - 1/15 - 1/4 - 1/2

とこんな感じでシャッタースピードは設定できます。シャッタースピードが速ければ、動いているものもブレずに撮影できます。

その分、入ってくる光は少なくなります。そのため絞りは広く、F値は小さくしないと、十分な光を得られません。シャッタースピードを早くして、絞りを開くと(F2とかF4とか)、瞬間でピカッとドカっと撮影します。

そうなると被写界深度が浅くなります。ピントが一部にしか合いません。瞬間だけ撮影するからですね。

以上から、物撮りをするなら、絞りを開いてゆっくりめのシャッタースピードで撮影すると、ピントが全体に合うようになります。

原理が分かっても、絞りに対して、最適なシャッタースピードを見つけるのは面倒なのです。そこで撮影モードです。

P/S/A/Mの撮影モード。物撮りの正解はA!

たぶん各社共通だと思います。撮影ダイアルにP/S/A/Mがあることを知っている人は多いと思います。

P ← 絞りとシャッタースピードが自動。×被写界深度の管理が難しい。

S ← シャッタースピードがマニュアル、絞りは自動。×動いている撮影向き。

A ← 絞りがマニュアル、シャッタースピードはオート。 ○物撮りに最適!
 
M ← すべてマニュアル。 ×調整が面倒。○より高度な撮影ができる。

以上から、物撮りはAの撮影モードにして行うのが良いのです。AはアイリスのAです。

できるだけ望遠で取る!

物撮りは、できるだけ望遠レンズで撮影すると良いです。なぜなら、望遠を使わず接写すると、物撮りの対象物が丸く歪みます。望遠ならスッキリまっすぐ取れます。

以上であなたも物撮りマスターです。

カメラの設定を簡単に説明。

ダイヤルを回してAに設定します。

大抵、カメラの上のダイアルを回せば、F値を変更できます。

F18ぐらいにしましょう。

カメラのどこかの設定を探して、RAWファイルにします。

RAWファイルは高感度だとノイズが出やすいので、ISO200など低めにしておきましょう。

ノイズ低減の機能もあれば設定を。RAWの場合、設定しても関係ないかも。

RAWデータとJPEGはどのくらい違うのか!

実際にRAWで撮影した画像とJPGで撮影した画像を比較してみましょう。

はい拡大。ボディのぶつぶつ部分に注目です。RAWはぶつぶつ。JPEGは潰れています。

もっと拡大すると明らかですね。JPEGは、画像を自動的に圧縮したりぼんやりした、処理がされてしまいます。

ただこれ見てください。何もない平の部分では、圧縮しているJPGのほうが綺麗に見えます。

RAWのざらつきが気になるときは、RAWの編集画面で、ディテールのノイズ低減で調整します。

このようにノイズがスッキリします。まあノイズを減らすとJpegみたくなるのですけどもね。まあ何事もバランスです。

あとRAWファイルなら、このように色味を大きく変えることができるのも魅力です。

RAWを使ったことが無い人は、RAWに挑戦してみると面白いですよ。



いいね!と思ったらお願いします。


名前

AddToAny adsence adwords Amazon AmazonFBA Calculator Analytics Blogger BMAG chrome CODEPREP Eclipse envato facebook FAQ feedly Font Awesome Geek Press Gifzo Illustrator kindle LinkWithin Logaster myfonts NAVER Photoshop PHP picasa Premiere Similarweb TOPSY tumblr Wordpress wpX XAMPP zenback ウェブマスターツール ウハウハモウケタイ カスタマイズ ゲストシリーズ ココナラ サイト制作 ドメイン はじめに プレスリリース プレスリリース作成 プレスリリース利点 まとめ ランディングページ リリース送付先の見つけ方 レビュー 考察 子孫セレクタ 思いつきサイト制作 書評 足成 台湾 通販 日記 忍者おまとめボタン 文章の基本
false
ltr
item
ふりむけばコウホウ : 一眼レフ&RAWデータによる商品物撮りテクニック。絞り(アイリス)、シャッタースピード、P/S/A/Mの撮影モードのコツ。
一眼レフ&RAWデータによる商品物撮りテクニック。絞り(アイリス)、シャッタースピード、P/S/A/Mの撮影モードのコツ。
一眼レフ&RAWデータによる物撮りテクニックを紹介します。これを読めば物撮り初心者も高品質な商品画像を撮影できます。ライティング関連は紹介しません。カメラ部分だけ説明します。
https://2.bp.blogspot.com/-ll7P6AjjcX8/V2QfpJugkzI/AAAAAAAAo04/TJy3TmlhR2Im-8zSyU0SP7yR6CiG15e_QCLcB/s640/AdobeStock_15828238.jpeg
https://2.bp.blogspot.com/-ll7P6AjjcX8/V2QfpJugkzI/AAAAAAAAo04/TJy3TmlhR2Im-8zSyU0SP7yR6CiG15e_QCLcB/s72-c/AdobeStock_15828238.jpeg
ふりむけばコウホウ
http://www.furimuke.com/2016/06/raw-butudori.html
http://www.furimuke.com/
http://www.furimuke.com/
http://www.furimuke.com/2016/06/raw-butudori.html
true
8618648785166852656
UTF-8
Not found any posts VIEW ALL Readmore Reply Cancel reply Delete By Home PAGES POSTS View All 関連記事:もっと見るはクリック→ LABEL ARCHIVE SEARCH ALL POSTS Not found any post match with your request Back Home Sunday Monday Tuesday Wednesday Thursday Friday Saturday Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat January February March April May June July August September October November December Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec just now 1 minute ago $$1$$ minutes ago 1 hour ago $$1$$ hours ago Yesterday $$1$$ days ago $$1$$ weeks ago more than 5 weeks ago Followers Follow THIS CONTENT IS PREMIUM Please share to unlock Copy All Code Select All Code All codes were copied to your clipboard Can not copy the codes / texts, please press [CTRL]+[C] (or CMD+C with Mac) to copy