Amazon 出店(出品)についてまとめ。Amazonは楽天と比べると出店費用がものすごく安い

おすすめ記事ピックアップ

通販を始める予定でAmazonを使って見ようかなという人に向けに、Amazon 出店(出品)についてまとめました。参考になれば幸いです。

Amazonは楽天と比べると出店費用がものすごく安い

Amazon 出店(出品)には、大口と小口があります。月49個以上売れるなら、大口が良いという目安がありますが、小口はいろんな制限があるので、大口出店が良いです。後から変更も面倒ですから。月たった5000円で、Amazonへ出店できます。楽天の場合は数十万円必要です。


注意したいAmazon独自の出品形態

1つの商品販売ページ上で、取り扱いがある複数のお店が販売を行います。新商品が発売したときは、最初に出品した人が商品情報を作ります。その後に出品する人は、その掲載に相乗りする形になります。主に価格が安い登録が、カートのリンクを獲得します。

メインのカート以外からの購入確率は数%しかありません。カートのリンクを獲得しないとまったく売れなくなります。Amazonはカートの取り合いがとても重要です。


カートのリンクを獲得の要素

カートのリンクを獲得には、価格が安いことが重要ですが、いろいろな要素が連動しています。お店の評価なども考慮されますが、影響はとても小さいです。その前にAmazon上の販売業者の種類の説明が必要ですので、簡単に説明します。


3つの販売形態

「この商品は、Amazon.co.jpが販売、発送します。」と表示される商品は、AmazonによるAmazonが販売しているパターンと、Amazonの代理店のような商社がいましてAmazonとして同じように販売している場合があります。これは見分けがつきません。Amazonの代理店のような商社は、専門のカテゴリを担当していることが多いです。展示会へ出店していると、そういった商社が来たりします。

そういった商社を利用して販売する方法もあります。うまく利用すれば、自社でAmazonで販売するのと同じぐらいの手数料で、商品をAmazonで販売してくれます。つまり商品を入れるだけで、細かいことをやってくれるわけです。これらのAmazonによる販売というのが、とても強力です。はっきりいって、ずるいぐらいなんです。

次に、通常の出品者の販売があります。注文を受けて自社で出荷することをマーケットプレイスといいます。「この商品は、××××通販名××××が販売、発送します。」と表示される商品です。

通常の出品者が、在庫をAmazonの委託物流であるAmazonフルフィルメント(AmazonFBAといいます)に入れて販売している場合は、「この商品は、××××通販名××××が販売し、Amazon.co.jp が発送します。」と表示されます。

大きく分けると、3つの販売形態に分けられます。


3つの販売形態の強さの関係

3つの販売形態で、同じ価格で同じ商品を販売した場合は、次のようになります。

★Amazon販売(カートボックス獲得)
-フルフィルメント
-マーケットプレイス

同じ価格なのに、Amazon販売がカートボックスを獲得します。時期によっては、フルフィルメントが50%ぐらいカートを獲得することがあるのですが、ほぼ100%Amazon販売がカートを獲得することもあります。たぶんAmazon側で設定を調整しているようです。最近はほぼ100%Amazon販売がカートを獲得するようになりました。カテゴリなどによって違うのかもしれませんが。

こうなるとAmazon販売の売上の9割ぐらい占めてしまうのです。Amazon販売がものすごく優先されます。数百円Amazonが高くても、Amazonが優先して表示されることすらあります。マーケットプレイスで出店してもまったく売れなくなるのです。


しかしAmazon販売が在庫を持たずに、納期2~3週間等で販売しているときは、少し価格が高くても、フルフィルメントでの販売がカートボックス獲得をします。

★フルフィルメント(カートボックス獲得)
-Amazon販売
-マーケットプレイス

同様にAmazon販売が無いときなら、マーケットプレイスでの販売があっても、フルフィルメントで販売すれば、多少高くてもカートボックス獲得を獲得できます。

★フルフィルメント(カートボックス獲得)
-マーケットプレイス

つまりAmazonへの利益が高い順で、カートボックスの獲得が優先される仕組みになっています。もし出品したい商品が、すでにAmazonによるAmazonで販売されている場合は、出品しても売れる可能性はとても小さいのです。

販売形態の強さを利用した販売戦略

Amazonへ出品を予定する自社商品の状況をすべて調べましょう。人気が無い商品は、Amazon販売がなかったり、Amazon販売も在庫を持っていなかったりします。

また競合や卸先にて、マーケットプレイスのみの販売しか行っていない場合は、チャンスがあります。その商品をフルフィルメントで販売を始めれば、カートボックスを獲得でき、その商品ページの売上の9割ぐらいを獲得できます。

逆にいえば、Amazon販売がある商品は、参加しても売れないので諦めましょう。またフィルフィラメントは、在庫を委託しなくてはいけないので、在庫を持つことと同じリスクがあります。在庫が無いと掲載できないので、その辺のリスクを考える必要があります。マーケットプレイスのみで在庫をもたつ、幅広く商品登録をする戦略もあります。でもAmazonFBAの利用が一番重要になります。


小物はAmazonFBAをフル活用

売れる可能性がある小物は、AmazonFBAをフル活用しましょう。AmazonFBA(マーケットプレイス)、Amazonの委託物流であり、商品を入れておけば商品が売れた時、全て自動で販売をしてくれます。なんと顧客のサポート対応までしてくれます。AmazonFBAで購入したユーザーからの問い合わせも、Amazonが受けてくれます。つまり在庫をAmazonに入れるだけで、通販全部やってくれるのです。

保管料も安いです。個別に費用が発生するのですが、小物を500個入れても、月間で5000円ぐらいです。委託の物流倉庫の間隔でいえば、1~2坪で5000円という感じです。大型(人間の半分ぐらい)になると、急激に高くなります。1個で月500円というレベルです。小物ならAmazonFBAをフル活用するのがオススメです。

大型商品は、マーケットプレイスで自社出荷です。もしくはAmazonやAmazon専属の商社を使いましょう(人気がない商品は扱ってくれませんのでその場合は自社で)。

Amazonの手数料

Amazonは売上の10%ぐらい手数料がかかります。カテゴリによって細かくことなります。自社通販サイトと比べると、6%ぐらい手数料が高く見えます。自社通販サイトでもカード決済手数料が3.5%必ず掛かります。まあ実質6%ぐらいの手数料で、Amazonを利用できると思えば、安いかもしれません。

加えてAmazonFBAを利用した場合、送料と物流手数料で、小物なら350円~450円、大物なら550円ぐらいかかります。自社で出荷するより安いか、ほとんど変らないぐらいです。

ユーザー対応やサポートまで、Amazonで行ってくれることを考えると、無理して自社で行う費用的なメリットもほとんどありません。

AmazonFBAの日々の業務

朝にFBA在庫一覧を見て、欠品しているものを補充するだけです。あとは365日24時間全自動です。返品があっても、Amazon側で荷物を受け取り、まとめて返品物を自社へ回収することができます。

Amazonの管理画面(セラーセントラルといいます)には、いろんな統計がありますので、それをチェックして、発注や事業計画に役立てるのもあります。


Amazon出店は難しい?簡単?

ものすごく簡単です。Amazonだから難しく感じるかもしれませんが、Yahooショッピングの10倍ぐらい簡単です。簡単そうにみえるYahooショッピングより、10倍簡単に使えるようにシステムができています。2回いいました。


問題があるとすれば棚卸

Amazonの棚卸は、つねに在庫が動いているから難しいです。また物流を調べることができないので、在庫の確認も難しいです。未だに確実な方法がありません。多くはざっくり合わせて処理するしかありません。

ひとつだけ、Amazonには調整レポートという項目があります。そこだけ、毎回きちんとチェックしましょう。Amazonにとって都合の悪い棚ずれは、そこで勝手に調整されます。調整の不備をしないと、そのまま紛失した在庫を、かってに調整されます。

実は在庫を紛失しているかも
http://www.furimuke.com/2013/12/zaiko-amazonfba.html
http://www.furimuke.com/2014/08/amazon-fba.html

ああああ・・・同じような記事を2回書いていました。



いいね!と思ったらお願いします。


名前

AddToAny adsence adwords Amazon AmazonFBA Calculator Analytics Blogger BMAG chrome CODEPREP Eclipse envato facebook FAQ feedly Font Awesome Geek Press Gifzo Illustrator kindle LinkWithin Logaster myfonts NAVER Photoshop PHP picasa Premiere Similarweb TOPSY tumblr Wordpress wpX XAMPP zenback ウェブマスターツール ウハウハモウケタイ カスタマイズ ゲストシリーズ ココナラ サイト制作 ドメイン はじめに プレスリリース プレスリリース作成 プレスリリース利点 まとめ ランディングページ リリース送付先の見つけ方 レビュー 考察 子孫セレクタ 思いつきサイト制作 書評 足成 台湾 通販 日記 忍者おまとめボタン 文章の基本
false
ltr
item
ふりむけばコウホウ : Amazon 出店(出品)についてまとめ。Amazonは楽天と比べると出店費用がものすごく安い
Amazon 出店(出品)についてまとめ。Amazonは楽天と比べると出店費用がものすごく安い
通販を始める予定でAmazonを使って見ようかなという人に向けに、Amazon 出店(出品)についてまとめました。参考になれば幸いです。
ふりむけばコウホウ
http://www.furimuke.com/2014/10/amazon-amazon.html
http://www.furimuke.com/
http://www.furimuke.com/
http://www.furimuke.com/2014/10/amazon-amazon.html
true
8618648785166852656
UTF-8
Not found any posts VIEW ALL Readmore Reply Cancel reply Delete By Home PAGES POSTS View All 関連記事:もっと見るはクリック→ LABEL ARCHIVE SEARCH ALL POSTS Not found any post match with your request Back Home Sunday Monday Tuesday Wednesday Thursday Friday Saturday Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat January February March April May June July August September October November December Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec just now 1 minute ago $$1$$ minutes ago 1 hour ago $$1$$ hours ago Yesterday $$1$$ days ago $$1$$ weeks ago more than 5 weeks ago Followers Follow THIS CONTENT IS PREMIUM Please share to unlock Copy All Code Select All Code All codes were copied to your clipboard Can not copy the codes / texts, please press [CTRL]+[C] (or CMD+C with Mac) to copy