ゼロは「きれいな堀江貴文」という前提で読むべき。これから何かを始めたい人は、とても勇気づけられる本です。

おすすめ記事ピックアップ

堀江貴文さんのゼロを読みました。これから何かを始めたい人は、とても勇気づけられる本です。文章がとても良くできています。プロの仕事です。以下、感想ですが、ネタバレはありません。

ゼロは、堀江貴文さんの等身大の思いが綴られています。生い立ち、弱点や不安、努力や悲しみなどの人となりが書かれています。

物事に対して結果や事実のみを語り、敵や誤解を作ってしまったことを「最大の反省点」として、天才のように見せてきた堀江貴文から、タダの人である堀江貴文を包み隠さず説明しています。


その流れで、Amazonの内容紹介に書かれているように【堀江貴文はなぜ、逮捕され、すべてを失っても、希望を捨てないのか?ふたたび「ゼロ」となって、なにかを演じる必要もなくなった堀江氏がはじめて素直に、ありのままの心で語る、「働くこと」の意味と、そこから生まれる「希望」について】書かれて本です。

なぜ働くのか、それは本書を読んでのお楽しみです。

一方で、堀江貴文さん反省や独白を期待している人には、適さない本です。決して弁解の本ではありません。有料で販売している商用の本です。

この本のコンセプトは、「きれいな堀江貴文」です。そういったコンセプトで一流の製作陣で、商用として、ビジネス書として、自分で一歩を踏み出す「働く」ことについて書かれています。エンターテーメントなんです。

だからこれを見て、Amazonの★1つレビューのように、いやイメージ向上の為にウソをついているとか、全然反省していないとか、計算しているとか、そういう読み方をするのは野暮です。間違いです。SFを見て、タイムマシーンなんかありえない!と言っているのと同じです。SFを見るなら、タイムマシーンがある前提で読まないと楽しめないように、「きれいな堀江貴文」という前提で本書を読むことが大切です。


下記に目次を引用します。

第0章から第2章までは、ご自身の生い立ちについて書かれています。とても面白く読めました。第3章から働くことについてのビジネス書になります。不公平な証券法違反で、すべてを失う辛さは、想像を超えるものでしょう。そういった人が、ゼロからイチについて語る話は、腑に落ちる内容があります。


http://www.diamond.co.jp/book/itemcontents/9784478025802.html
 第0章 それでも僕は働きたい
 
 すべてを失って残ったもの
 嗚咽号泣した孤独な夜
 いまこそ「働くこと」を考えたい
 カッコ悪さもすべて語ろう
 
第1章 働きなさい、と母は言った ── 仕事との出会い
 
 父と母のいない風景
 胸元に包丁を突きつけられた日
 たった1度の家族旅行
 情報は自らつかみ取るもの
 「あなたの居場所はここじゃない」
 刺激と仲間を求めて
 コンピュータとの運命的な出会い
 働くことの意味を実感した日
 気づいたときには落ちこぼれ
 ここから抜け出すには東大しかない
 勉強とは大人を説得するツールだ
 
第2章 仕事を選び、自分を選ぶ ── 迷い、そして選択
 
 大学生活のすべてを決めた駒場寮
 どうして東大に幻滅したのか
 僕はまったくモテなかった
 あなたが仕事や人生に怖じ気づく理由
 「小さな成功体験」を積み重ねよう
 挑戦を支える「ノリのよさ」
 「このままではこのまま」の自分に気づくこと
 インターネットとの出会いから起業へ
 激動の10年間をくぐり抜けて
 
第3章 カネのために働くのか? ──「もらう」から「稼ぐ」へ
 
 あなたは何のために働くのか
 お金から自由になる働き方
 どんな仕事にも「やりがい」はある
 仕事を好きになるたったひとつの方法
 「やりたいことがない」は真っ赤な噓だ
 あなたも必ず起業できる
 会社は潰れても人は潰れない
 通帳ではなく自分に貯金する
 お金よりも大切なものとは?
 ゼロの自分にイチを足す
 積み重ねた「イチ」の先に見えてくるもの
 やりたいことは全部やれ!
 
第4章 自立の先にあるつながり ── 孤独と向き合う強さ
 
 苦しいからこそシンプルに考える
 あなたはほんとうに「自立」できているか
 父から届いた1枚の手紙
 孤独と向き合う強さを持とう
 仲間の意味を教えてくれた社員たち
 ゼロを貫く「諸行無常」の原則
 成長のサイクルに突入しよう
 僕は世の中の「空気」を変えていきたい
 
第5章 僕が働くほんとうの理由 ── 未来には希望しかない
 
 塀の中にいても、僕は自由だった
 働くことは自由へのパスポート
 消えることのなかった死への恐怖
 有限の時間をどう生きるのか
 人生には「いま」しか存在しない
 飽きっぽさは最大の長所になる
 テクノロジーが世界を変える
 僕が宇宙をめざすわけ
 ゼロからイチへの試金石はどこにある?
 絶望しているヒマなどない
でも1000円(Kindle)はちょっと高いです。
500円ぐらいかな。あと親に対して結構、辛辣です(笑)。

立ち止まって悩んでいる人は、1000円でも読む価値はあります。




いいね!と思ったらお願いします。


名前

AddToAny adsence adwords Amazon AmazonFBA Calculator Analytics Blogger BMAG chrome CODEPREP Eclipse envato facebook FAQ feedly Font Awesome Geek Press Gifzo Illustrator kindle LinkWithin Logaster myfonts NAVER Photoshop PHP picasa Premiere Similarweb TOPSY tumblr Wordpress wpX XAMPP zenback ウェブマスターツール ウハウハモウケタイ カスタマイズ ゲストシリーズ ココナラ サイト制作 ドメイン はじめに プレスリリース プレスリリース作成 プレスリリース利点 まとめ ランディングページ リリース送付先の見つけ方 レビュー 考察 子孫セレクタ 思いつきサイト制作 書評 足成 台湾 通販 日記 忍者おまとめボタン 文章の基本
false
ltr
item
ふりむけばコウホウ : ゼロは「きれいな堀江貴文」という前提で読むべき。これから何かを始めたい人は、とても勇気づけられる本です。
ゼロは「きれいな堀江貴文」という前提で読むべき。これから何かを始めたい人は、とても勇気づけられる本です。
堀江貴文さんのゼロを読みました。これから何かを始めたい人は、とても勇気づけられる本です。文章がとても良くできています。プロの仕事です。以下本の感想ですが、ネタバレはありません。
http://1.bp.blogspot.com/-t0qbL7OVo6M/U2EROgW5UhI/AAAAAAAARXI/-SsYkOb8L8s/s1600/%E3%82%BC%E3%83%AD.jpg
http://1.bp.blogspot.com/-t0qbL7OVo6M/U2EROgW5UhI/AAAAAAAARXI/-SsYkOb8L8s/s72-c/%E3%82%BC%E3%83%AD.jpg
ふりむけばコウホウ
http://www.furimuke.com/2014/05/blog-post.html
http://www.furimuke.com/
http://www.furimuke.com/
http://www.furimuke.com/2014/05/blog-post.html
true
8618648785166852656
UTF-8
Not found any posts VIEW ALL Readmore Reply Cancel reply Delete By Home PAGES POSTS View All 関連記事:もっと見るはクリック→ LABEL ARCHIVE SEARCH ALL POSTS Not found any post match with your request Back Home Sunday Monday Tuesday Wednesday Thursday Friday Saturday Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat January February March April May June July August September October November December Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec just now 1 minute ago $$1$$ minutes ago 1 hour ago $$1$$ hours ago Yesterday $$1$$ days ago $$1$$ weeks ago more than 5 weeks ago Followers Follow THIS CONTENT IS PREMIUM Please share to unlock Copy All Code Select All Code All codes were copied to your clipboard Can not copy the codes / texts, please press [CTRL]+[C] (or CMD+C with Mac) to copy