サイトを作ったらまずGoogle Analyticsとウェブマスターツールの設定して連動しよう

おすすめ記事ピックアップ

ブログやサイトを作りましたら多くの人は、アクセス解析にGoogle Analyticsを入れると思います。そのついでにGoogle ウェブマスターツールの設定して連動させることをオススメいたします。

Webマスターツールは、Google でのページの表示に関する詳細なレポートを確認したり、健全でGoogle と相性のよいサイトにするのに役立つデータ、ツール、診断を利用できるサービスです。簡単にいえば、何か問題があれば警告してくれたり、Googleへサイトマップを送信したりできます。Google Analyticsを設定したなら、ついでに利用すると良いです。

ウェブマスターツールのサイトマップを送信機能は、使った方が良い気がします。さてサイトが完成し、Google Analyticsへログインしているとします。Analyticsのコードを導入するあたりから、説明したいと思います。

Google Analyticsの設定

まずGoogle Analyticsに新しいサイトを追加しましょう。アナリティクス設定を選択します。

プロパティを広げると、新しいプロパティを作成が出てきます。それを選択します。

トラッキングの対応や方法は、特に理由がなければ、初期設定のまま使います。

Analyticsを導入したいサイト名とURLなど入力します。

トラッキングコードが表示されます。

利用しているサイトに合わせて、コードを挿入します。だいたい何処に入れても大丈夫です。下記はTumblrの場合です。テキトウにTumblrのスクリプトが書かれているエリアの最後に追加しました。

導入成功です。自分でサイトアクセスしながら、Analyticsの「標準レポート」→「リアルタイム」を確認すると、うまく導入できたか、すぐにわかります。Analyticsの導入は完了です。


ウェブマスターツールの設定

次はWebマスターツールです。右上の設定から対象サイトのプロパティ設定に入ります。

ウェブマスターツール部分がnoneになっているので、編集を選択します。

Bloggerの場合、表示されたサイトを選択するだけでウェブマスターツールが使えます。タンブラーの場合は、サイトの所有者を確認しないと利用できません。下部の「サイトを追加」を選択します。

ウェブマスターツールの画面に入りますので、サイトを追加します。

追加するサイトのURLを入力します。

サイトの所有者である確認が必要で、確認方法はいろいろあります。今回googleからのオススメは、DNSで所有者を確認する方法でした。うーん、難しそうです。推奨する方法を選ぶ必要はありません。

別の方法も選べるので、簡単で単純にHTMLタグを選びました。

googleの説明がわかりにくいのですが、たぶんセクションの最後にを設定しろと解釈しました。ここに挿入するのだろうと、とりあえず入れましょう。

所有権の確認OKです。

ウェブマスターツールと、google anaを連動させる必要があるので、もう一度「アナリティクスの設定」→「プロパティ設定」に入ります。ウェブマスターツールのnoneをクリックします。

今度はリストに登録したドメインが出てきます。これを選択して完成です。

これによって、Analyticsからオーガニック検索のキーワードとか見ることができます。最近ではほとんどnot providedで、情報を見ることができないのですが、多少検索キーワードがわかります。

ウェブマスターツールでは、エラーのステータスや検索クエリや、サイトマップのインデックス状況など見ることができます。

検索クエリの詳細など、どんなキーワードでどのくらいクリックされて、アクセスがあるのかつかみやすいと思います。

クロールの中のサイトマップの送信機能は利用すると、良いような気持ちになります。Googleにインデックスさせることができます。「サイトマップ」→「サイトマップの追加テスト」を選択します。

主にAtomやRSSフィードのアドレスを入れえると、サイトマップとして送信できます。ブログやサイトを立ち上げたばかりの時は、インデックスすらされませんから、ありがたい機能です。

例えばBloggerでしたら、URL/feeds/posts/default?alt=rss とか、URL/feeds/posts/defaultとか、入れれば送信できます。利用しているブログ等のRSSやAtomやフィードのURLを調べて入力しましょう。

ちなみにBloggerの場合は、URL/atom.xml?redirect=false&max-results=500 と入力すれば、500ページまで一気に、インデックス登録をかけることができます。




いいね!と思ったらお願いします。


名前

AddToAny adsence adwords Amazon AmazonFBA Calculator Analytics Blogger BMAG chrome CODEPREP Eclipse envato facebook FAQ feedly Font Awesome Geek Press Gifzo Illustrator kindle LinkWithin Logaster myfonts NAVER Photoshop PHP picasa Premiere Similarweb TOPSY tumblr Wordpress wpX XAMPP zenback ウェブマスターツール ウハウハモウケタイ カスタマイズ ゲストシリーズ ココナラ サイト制作 ドメイン はじめに プレスリリース プレスリリース作成 プレスリリース利点 まとめ ランディングページ リリース送付先の見つけ方 レビュー 考察 子孫セレクタ 思いつきサイト制作 書評 足成 台湾 通販 日記 忍者おまとめボタン 文章の基本
false
ltr
item
ふりむけばコウホウ : サイトを作ったらまずGoogle Analyticsとウェブマスターツールの設定して連動しよう
サイトを作ったらまずGoogle Analyticsとウェブマスターツールの設定して連動しよう
ブログやサイトを作りましたら多くの人は、アクセス解析にGoogle Analyticsを入れると思います。そのついでにGoogle ウェブマスターツールの設定して連動させることをオススメいたします。 Webマスターツールは、Google でのページの表示に関する詳細なレポートを確認したり、健全でGoogle と相性のよいサイトにするのに役立つデータ、ツール、診断を利用できるサービスです。簡単にいえば、何か問題があれば警告してくれたり、Googleへサイトマップを送信したりできます。Google Analyticsを設定したなら、ついでに利用すると良いです。 ウェブマスターツールのサイトマップを送信機能は、使った方が良い気がします。さてサイトが完成し、Google Analyticsへログインしているとします。Analyticsのコードを導入するあたりから、説明したいと思います。
http://3.bp.blogspot.com/-agOvZLMrOHI/UtO8K_FkVsI/AAAAAAAAO2s/5HtGBKlUPGQ/s640/01.png
http://3.bp.blogspot.com/-agOvZLMrOHI/UtO8K_FkVsI/AAAAAAAAO2s/5HtGBKlUPGQ/s72-c/01.png
ふりむけばコウホウ
http://www.furimuke.com/2014/01/google-analytics.html
http://www.furimuke.com/
http://www.furimuke.com/
http://www.furimuke.com/2014/01/google-analytics.html
true
8618648785166852656
UTF-8
Not found any posts VIEW ALL Readmore Reply Cancel reply Delete By Home PAGES POSTS View All 関連記事:もっと見るはクリック→ LABEL ARCHIVE SEARCH ALL POSTS Not found any post match with your request Back Home Sunday Monday Tuesday Wednesday Thursday Friday Saturday Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat January February March April May June July August September October November December Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec just now 1 minute ago $$1$$ minutes ago 1 hour ago $$1$$ hours ago Yesterday $$1$$ days ago $$1$$ weeks ago more than 5 weeks ago Followers Follow THIS CONTENT IS PREMIUM Please share to unlock Copy All Code Select All Code All codes were copied to your clipboard Can not copy the codes / texts, please press [CTRL]+[C] (or CMD+C with Mac) to copy